よく眠るためにお勧めな3つの方法

仕事で頭が疲れていてクタクタなのに眠れない。眠りが浅く夜中に目が覚めてしまうなど睡眠に関わる悩みをお持ちの方は多いと思います。入眠や深い眠りに効果があったものベスト3を紹介します。

1つ目はコーヒーや紅茶などのカフェインの入った飲み物を午後3時以降にとらないことです。カフェインには覚醒作用がありますが、夕方以降に飲んでしまうと就寝時間にまでカフェインが体に残ってしまいます。これらを飲むと目が冴える!という人には、カフェインの効果が体に出やすいので特にお勧めです。

2つ目は、眠る1時間前からはスマートフォンやパソコンを見ないことです。眠れなくて暇だから少しだけ・・とスマホを触ってしまうとさらに眠れなくなってしまいます。これは、画面が発している「ブルーライト」という光が、朝の光と似ているため脳が「今は朝だ」と勘違いをして脳を活性化させてしまうからです。眠れないからと、スマホを触るよりは、眼をつぶって何もしないほうが脳は休まります。

3つ目に、好みはありますがアロマオイルもお勧めです。好きなアロマオイルをハンカチやティッシュに2、3滴たらして枕元に置くと体の余計な力が抜けて、リラックスできるのでおすすめです。オイルによっては直接触れてしまうとベッドシーツやまくらカバーがシミになる場合もありますのでお気を付けください。